紙媒体からWEB媒体への移行にともないこの業界は大きな転換期を迎えている

高まる需要

本

若手にチャンス

ドライバー関連の仕事はたくさんありますが、その頂点に君臨するのがタクシー運転手ではないでしょう。どんな行き先を伝えても、すいすいと目的地まで連れて行く仕事っぷりは、まさに運転のプロフェッショナルと評されます。しかし、業界の将来を見据えると不安があります。タクシー運転手の高齢化が進んでいて、平均年齢は50歳を超えていると言われています。高齢者の免許の返納が増えている実情を見ると、業界は危機感を募らせています。ただ、就職や転職を考えている方にとってはチャンス到来です。タクシー運転手の中でも、トップの稼ぎを得ている方は年収900万だと言われています。同世代のサラリーマンよりも遥かに高い年収ですし、夢に溢れた職種と言えるのではないでしょうか。とりわけ、若いタクシー運転手が大幅に足りていません。応募の際には二種免許は不要で、採用が決まってから会社の補助を受けて取ることが出来ます。最近は女性のタクシー運転手が増えていて、昼勤務だけでも構いません。まだまだ珍しい女性の運転手ですが、珍しさもあって指名をするお客さんも増えています。バリバリと仕事をこなすことで、年収に跳ね返るのも魅力です。タクシー会社の方も福利厚生に力を入れていて、女性専用の寮や託児所を設けるところが増えています。歩合給が高く設定されていて、頑張りが年収に反映されるのがタクシー運転手です。未経験でもOKですし、勇気を持って飛び込んでみて下さい。

Copyright© 2019 紙媒体からWEB媒体への移行にともないこの業界は大きな転換期を迎えている All Rights Reserved.